自分に合う髪色を見つける方法

迷ったらこの色

色の特性を知る

さまざまな髪色があり、しかも流行色などもあります。 その選び方は、色の組み合わせにより増えますし、また明確な基準がないだけにどの色を選べばいいか、わからないという方も多いと思います。 髪色を選ぶ基準は、実は自分自身が持っている色にあるようです。

自分に合った自然な色を選ぶ

髪の毛の色を選ぶ際のポイントとして、まずは目(瞳)の色を挙げましたが、その他にポイントはあります。 肌の色(メイク後の肌の色も)も面積が大きいだけに密接な関係にあります。 そのほかにも唇や顔の印象なども、髪の毛の色を選ぶ際に重要なポイントとなってきます。

自分の色を知る

ヘアスタイルも悩むものですが、髪色もどんな色を選べばいいかお悩みの方は多いと思います。
特にヘアスタイルは流行りやトレンドもあるので、ある程度の選択肢があると言ってもいいのですが、色の場合には種類が多いです。
ヘアスタイルや髪色を変えただけで大きく印象が変わるだけに、慎重にならざるを得ませんよね。

自分に似合う髪の色の選び方でまず大事なのが、色の特性を知ることです。
色の場合は種類が多いですが、選び方の基本は目(瞳)や肌、唇などの顔や身体のパーツの色との相性です。
使うことができる色は自然と決まってくるので、選び方はある程度のルールに合わせればいいということです。

髪の色を表現する際に「色味」という言葉がありますが、これは文字通り色の種類のことです。
ブラウン系やアッシュ系(グレー系で灰色がかった色味)、ベージュ系などが、よく使われる(合いやすい)色です。
ほかにもピンク系やオレンジ系もありますが、一般的なものは先のものが使われるのではないでしょうか。
「トーン」という言葉もよく耳にしますが、明度(色の明るさの度合い)と彩度(色の鮮やかさ)が似ている色をまとめてグループ化した概念です。
ビビッドなトーンと言えば原色に近い色の組み合わせになりますし、ダークトーンやライトトーンなどは文字通り暗さと明るさを表しています。

目立てばいいというものではありませんし、または奇抜過ぎるのも浮いてしまいます。
やはり選ぶからには、自分に合った上で洗練さや美しさ、かわいさを求めたいところです。

セオリーを守った上で

似合う髪色を調べていくと、色彩などはある程度の理論があり、かつ髪色についてはセオリーとなるような色使いも存在していることがわかります。 標準的な色づかい(色選び)を試しながら、なりたい色やスタイルに変化することで自分の納得のいくスタイルが完成します。

TOPへ戻る